バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ロバート・ヴァイル ベーレン・アウスレーゼ 1990年

f:id:turque1991:20190623232557j:plain

ドイツ名門の古酒 ロバート・ヴァイルのキートリッヒャー・グレーフェンベルク・リースリング・ベーレン・アウスレーゼ 1990年です。ベーレン・アウスレーゼの凄さを知るワインになりました。

ドイツワインファンでなくても、このラベルは、目にしたことがあるかと思います。ロバート・ヴァイルは、ドイツのラインガウ地方キートリッヒ村に1886年に創設されたワイナリーで、皇帝ヴィルヘルムⅡ世がこよなく愛した白ワインとして名声を博しています。1988年にサントリーが経営権を取得しており、日本でも親しまれています。通常のリースリングからシュペートレーゼまでのラインナップは、比較的目にしますが、アウスレーゼ、ベーレン・アウスレーゼ、そしてトロッケン・ベーレンアウスレーゼは、殆ど目にすることはありません。まして、1990年代の古酒は、今では、極めてレアなアイテムです。このワインは、近所の酒屋の地下倉庫に長い間、眠っていたものです。ラベル自体、普通のロバート・ヴァイルと変わらないものなので、ラベルに書かれているBERENAUSLESEの文字に気を留めなければ、価値のあるものとは知らず、放置されていたものと思われます。迷わず1ケース12本を購入しました。

f:id:turque1991:20190624000012j:plain

全部買ったものの心配なのは状態でした。一部は液漏れしているものもありました。地下倉庫で通常の室温よりの温度は低めとは言え、長期にわたり保管されていたものです。まず、1本抜栓してみました。

 f:id:turque1991:20190624000356j:plain

コルクは柔らかくなっており、抜栓途中に見事に崩れました。

色を見て不安になりました。まるで、1970年代の白ワインのようです。琥珀色~褐色です。焦げたプルーン、花梨、カラメルや薬草のような極めて複雑な香りです。劣化によるひね香、過度の酸化を心配しましたが、実際、口に含むと劣化は全く感じず、蜂蜜のような甘さに複雑でありながら極めて上品な酸を感じます。素晴らしい甘口古酒です!

f:id:turque1991:20190624000538j:plain

少し前にディケムの1993年(ハーフボトル)を飲みましたが、アタックに白の古酒特有のノワゼット香を感じましたが、そのような香りは全くありません。ポイントは酸で、恐らくトロッケンベーレン・アウスレーゼであれば、もっと甘口一辺倒だろうと想像されます。ベーレンアウスレーゼのもつ酸が、心地良いアクセントになっています。ポルトガルのマディラにも似ており、恐らくこの酸があることで、単なるデザートワインにとどまらず、煮込み料理等にあわせることもできるのではないかと思います。ちなみに、2週間以上冷蔵庫で保管しましたが、風味は全く変化しませんでした。アルコール度数は7.5%と低めにもかかわらず、まるで酒精強化ワインのようです。

セラーの余裕がなかったため、半数は、オークションに出品しましたが、体験したことのない驚きのワインでした。

(終)

楽天市場でベーレン・アウスレーゼを探す