バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ドルーアン・ラローズ GCクローズ・ド・ベーゼ 1995年

f:id:turque1991:20190710001927j:plain

ルーアン・ラローズのジュヴレ・シャンベルタン・クローズ・ド・ベーゼ1995年ヴィンテージです。シャンベルタンと並んでジュヴレ・シャンベルタン村のなかでも別格の特級畑、24年間熟成させたシャンベルタン・クローズ・ド・ベーゼを味わいます。

ルーアン・ラローズ(Drouhin Laroze )は、ジュベレ・シャンベルタンに本拠を置くドメーヌです。現在の当主は5代目のフィリップ・ドルーアン氏。所有する畑15ヘクタールのうち、何と半分以上がグラン・クリュです。具体的にはボンヌ・マール、クロ・ド・ヴージョ、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、ラトリシエール・シャンベルタン、シャペル・シャンベルタン、そして年間生産量600本のミュジニーの6つの畑になります。ブルゴーニュワインが高騰している中で、このドメーヌのワインは、比較的良心的な価格に抑えられています。評論家の評価が、あまり高くないことも要因になっているようです。それほど飲んでいる訳ではありませんが、特別悪い印象は持っていません。ただ感動するようなワインに出会っていないのも確かです。しかし、直近の2016年の評価は凄く高くなっており、今回のシャンベルタン・クロ・ド・べーゼもWA96-98pの凄い評価です。

f:id:turque1991:20190710015853j:plain

f:id:turque1991:20190710015916j:plain

暗めですがやや薄くなったガーネット、縁は少しオレンジがかったレンガ。プラム、乾燥イチジク、少し燻したような香り。丁子、ナツメグ、胡椒、鉄、タンニンはほぼ溶け込んでいます。なめし皮、腐葉土、紅茶のニュアンス、抜栓後30分ほどは、酸と僅かに残るタンニンが競い合っているなかで、土っぽさも目立ち、やや落ち着かない印象ですが、徐々にバランスが取れてきて、最初は感じなかった甘露さも出てきます。流石に力強いクロ・ド・ベーゼとは行きませんが、上手く熟成した古酒の印象です。

f:id:turque1991:20190710222847j:plain

チーズは、羊乳のセミハードチーズ、オッソーイラティです。ミルキーで優しいチーズなので、本来は力強いシャンベルタンなどには合わないチーズですが、この枯れかけた古酒とのマリアージュは、それほど悪くはありません。

ちなみに、この1995年は、1年ほど前に近くの酒屋の閉店セールで14Kで購入したものです。恐らくリリース時は1万円前後だったと思われます。前述の、2016年は、確か2万円ちょっとだったと記憶していますが、あっという間に売り切れてしまい、購入できませんでした。替わりに、シャペル・シャンベルタンを15Kで購入しました。こちらもWA94~96pとかなりの評価です。ただ飲み頃はかなり先だと思います。

 楽天市場でドルーアン・ラローズを探す

(終)