バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

斑尾タングラムスキーと雪の戸隠神社

f:id:turque1991:20200118224908j:plain1月の連休は、長野県の斑尾にて今シーズンの初滑りスキーです。天気と雪に恵まれず、肝心のスキーはあまり楽しめず、後半は、少し足を延ばし、蕎麦と神社めぐりを目的に戸隠を訪れました。

 1月の成人式の連休中日(12日)の斑尾高原のタングラムスキーサーカスです。生憎の曇天、心配していた雪は、やはり少なく、所々、ブッシュも出ています。アイスバーンとまではいきませんが、結構固く、場所によってはエッジが引っ掛かりません。

f:id:turque1991:20200118230152j:plain

それでも、ここは、ファミリー向けスキー場なので、さすがに連休はそこそこ人が多いです。春節前でしたが、中国人もちらほら。

f:id:turque1991:20200118230200j:plain

▼スキー場トップから見える野尻湖です。
ここは、天気が良いと最高の景色なのですが...

f:id:turque1991:20200118230209j:plain

宿泊は、東急ハーベストクラブ斑尾。持ち込みワインと楽しんだフレンチは、こちらの記事↓にて。

https://www.wine-and-cheese.net/entry/2020/01/18/141702

 連休最終日もスキーを予定していましたが、雪質と天気の悪さにめげて、戸隠へのドライブに変更しました。戸隠神社と戸隠そばが目的です。

戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
戸隠神社のホームページによると、その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしているとのこと。平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場で、神仏混淆のころは戸隠山顕光寺と称し、当時は「戸隠十三谷三千坊」と呼ばれ、比叡山高野山と共に「三千坊三山」と言われるほどに栄えたようです。

斑尾高原から野尻湖を横目で見て、高速道路を横切り、信濃町を経て、山へ向かうと50分ほどで、まず戸隠神社奥社入口の看板が見えてきます。

f:id:turque1991:20200124225544j:plain

戸隠神社に行ったことはありましたが、実は「奥社」の存在そのものをよく知らず、ろくに調べずに、気軽な気持ちで入口に車を止め、奥社に行ってみることにしました。

f:id:turque1991:20200118231708j:plain

▼道路に近い奥社の参道口の大鳥居です。

f:id:turque1991:20200124221641j:plain

参道が真っ直ぐに延びています。この道は、車が入れないようです。
斑尾は雪模様でしだが、こちらは、天気も良く、平坦そうな道に雪が浅く積もって、多くの参拝者が歩いていたのにつられて、奥社に向かってみることにしました。

▼両脇にそびえる杉並木が見事です。 

f:id:turque1991:20200124221749j:plain

▼20分ほど歩くと参道のほぼ中間地点に赤い「随神門」が現れます。

f:id:turque1991:20200118231937j:plain

f:id:turque1991:20200118232005j:plain

f:id:turque1991:20200118233011j:plain

▼更に進むと、「飯綱社」が見えてきます。

f:id:turque1991:20200124225027j:plain

実はこの先のラストの数十m程の坂道が大変でした。急坂に雪が積もっており、登るのにひと苦労。凍ってはいないものの、何度もバランスを崩し、最後は手を突きながら登ります。

f:id:turque1991:20200124225239j:plain

▼九頭龍社の横の鳥居をくぐり、ようやく奥社に辿り着きます。
f:id:turque1991:20200124222306j:plain

▼何とクローズしていました。
仕方ないので、賽銭を扉の縁に置き、閉じた扉に向かって拝んで帰りました。

f:id:turque1991:20200124223425j:plain

拝殿のクローズは、残念ですが、ゲレンデスキーよりも良い運動になりました。

続いて「中社」に向かいますが、途中で、以前訪れたことのある蕎麦屋に立ち寄りました。「そばの実」です。食べログ3.7点の有名店です。

 ▼そば三昧( 1400円+大盛170円)。信州産鬼クルミ汁・信州産長芋のとろろ・ざるつゆの3種のつゆで食べます。

f:id:turque1991:20200118233355j:plain

妙高山の雪解け水で育った「ゆきエビ」のかき揚げ。

f:id:turque1991:20200118233404j:plain

蕎麦は腰があり、香り高く、ゆきエビのから揚げは、サクサク。美味しいです。

店を出て、更に道を下ると、中社にたどり着きます。奥社と違い、直ぐ近くまで車で行けます。

f:id:turque1991:20200124231653j:plain

戸隠神社の五社案内がありました。最初の奥社にこれがあればよかったのですが....

f:id:turque1991:20200124231707j:plain

今回、「宝光社」と「火之御子社」は寄りませんでした。

▼「中社」の境内案内図

f:id:turque1991:20200124231808j:plain

戸隠神社「中社」です。

f:id:turque1991:20200124232353j:plain

雪の中の戸隠神社、なかなか風情があります。奥社は、雪がない時にまた訪れたいと思います。

(了)