バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ヴォーヌ・ロマネの珠玉の1級畑”オー・レニョ”

f:id:turque1991:20200417165108j:plain

1級畑ながら、かのロマネ・コンティに接するラ・ロマネの畑の直ぐ上部という素晴らしい立地条件を持つヴォーヌ・ロマネのオー・レニョです。ドミニク・ローランの飲み頃を迎えた2011年ヴィンテージです。

 ブルゴーニュの丘の中心に輝く宝石と称えられるヴォーヌ・ロマネ。特に、ヴォーヌ村の中心部の西側の丘陵地には、あこがれの珠玉の特級畑が広がっています。その中心、「ラ・ロマネコンティ」の上部に接しているのが、リジェ・ベレールが所有する「ラ・ロマネ」です。ラ・ロマネのすぐ上部(西側)に接しているのが、今回のオー・レニョの畑です。

f:id:turque1991:20200417165148j:plain

2015年と2019年にこの地を訪れ、ヴォーヌ・ロマネの畑を歩き回りました。
▼(右)ロマネ・コンティと(左)グラン・リュの間の道路を登った位置に畑があります。

f:id:turque1991:20200417182736j:plain

▼ロマネコンティの上部の畑です。

f:id:turque1991:20200417000510j:plain

ロマネ・コンティとすぐ地続きのラ・ロマネの畑です。ちなみに、ラ・ロマネの価格は、最新ヴィンテージ(2017年)では、1本50万円!(エノテカ)になっています。

f:id:turque1991:20200417000535j:plain

▼さらにすぐその上が、今回のオー・レニョの畑です。1.6haの小さな畑です。

f:id:turque1991:20200417000432j:plain

f:id:turque1991:20200417000804j:plainオー・レニョの畑を所有しているドメーヌは、知っている範囲では、リジェ・ベレール、アルヌー・ラショー、シルヴァン・カティアール、アンリ・フェリティグ、オーディフレッドです。ぺルナン・ロサンもかつての所有者でしたが、引退と共にクリストフ・ペロミノに売却しているようです。ただ、ペロミノのオー・レニョは見たことがありません。

f:id:turque1991:20200417000700j:plain

ドミニク・ローラン   ヴォ―ヌ・ロマネ 1級 レ・レニョ 2011年
Dominique Loarent 2011 Vosne-Romanne 1erCru Les Regnotos

ネゴシアンであるドミニク・ローランは、当然ながら各畑の所有者を明かしませんが、この畑は例外で、ドミニク・ローランの従業員(カーヴ責任者)の所有であることを明らかにしています。

f:id:turque1991:20200417000712j:plain

中程度のルビー。抜栓後15分ほどで、華やかな香り。クランベリー、フランボワーズ、ラズベリーの赤系果実、アメリカンチェリー、スミレ、薔薇、牡丹、ドライハーブ、レモングラス、甘草、バニラ。味わいは、豊かな果実味と伸びのある酸、シルキーなタンニン、そして出汁感のある旨味。樽は感じるものの、かなり抑えられている印象。樽香の利いた濃いワインのイメージがあるドミニク・ローランですが、これは、華やかな香りと柔らかな味わい。極力手を加えず、ヴォーヌ・ロマネのこの畑の特徴をまさに具現化したエレガントなワインだと思います。

f:id:turque1991:20200417222611p:plain(4.0)

最近のドミニク・ローランは、1990年代の濃くてオーキーなワインのイメージはなくなりつつありますが、その中においても、一線を画す柔らく、エレガントなワインだと思います。レジョナルからグラン・クリュまで結構な本数のドミニク・ローランのワインを飲んでいますが、その中で、このワインは、最もエレガントなワインであるように感じました。

f:id:turque1991:20200417000726j:plain

▼焼き鳥、煮物、炒め物、いずれの料理にも良く合います。

f:id:turque1991:20200417000735j:plain

f:id:turque1991:20200417000745j:plain

 ロマネ・コンティ、ラ・ロマネ、そしてそのすぐ上にある地続きのこのオー・レニョと自らの目で実際に畑をみると、否応なしに、この畑から生み出されるワインへの期待が高まります。すぐ右隣は1級畑のプティ・モン、左は村名のオー・シャン・ペルドリの畑もありますが、やはりこの畑は特別な存在に感じてしまうほどの思い入れがあります。

そんな先入観を抜きにしても、この畑のワインは濃くも、力強くもないけど、まさにエレガントなヴォーヌ・ロマネのテロワールの特徴をうまく反映していると思います。

ドミニク・ローランのこのワインは、僅か2樽の生産量ですが、価格は比較的手頃であり、絶対のお奨めです。

(了)