バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ミシェル・ラファルジュ・ヴォルネイ レ・ミタン 2006年

f:id:turque1991:20200613220433j:plain

ドメーヌ・ミシェル・ラファルジュのヴォルネイ1級畑レ・ミタンの2006年です。2ヶ月ほど前に、同じ畑の2005年を飲みましたが、なかなか飲み頃の判断が難しいドメーヌのワインの2006年は如何に?

ヴォルネイの名門ドメーヌで、根強いファンも多いミシェル・ラファルジュですが、このドメーヌの名声を作り上げてきたラファルジュ氏は、今年の1月に亡くなっており、現在は、息子のフレデリック氏が跡を継いでいます。当然、2000年代前半のワインは、主にラファルジュが大きく関わっていたものと思われます。

4月に飲んだ2003年のヴォルネイ・クロ・デュ・シャトー・デ・デュック、2005年のミタン、さらに、その2ヶ月前に飲んだボーヌ1級のレ・ゼクロと、今年に入って、4本目のミシェル・ラファルジュになります。

過去にも何回か飲んでいますが、なかなか飲み頃を悩んでしまうワインです。ヴィンテージにもよりますが、プルミエ・クリュについては、最低でも10年の年月は必要なようです。

ドメーヌ・ミシェル・ラファルジュ ヴォルネイ 1級 レ・ミタン 2006年
Domaine Michel Lafarge [2006] Volnay 1er Cru Les Mitans

ドメーヌの所有は0.4haほどです。2005年に区画を買い増し、単独でこのクリマを名乗るようになったようです。

f:id:turque1991:20200613221530j:plain

 ▼ややポマールよりの斜面中腹に存在しています。ラファルジュのヴォルネイ1級の中ではもっとも軽快なタイプと言われています。

f:id:turque1991:20200613225143j:plain

艶のある深いルビーカラー。縁に少しオレンジ色。抜栓直後から良い香りが漂い、期待ができます。
ラズベリー、ダークチェリー、薔薇、(ネガティブな香りでない)ゼラニウムの冷涼感、少し鉄っぽいミネラル感。スパイス、甘草。下草、シガーや紅茶、30分ほどで顕れた腐葉土香と、果実香と混然とした熟成アロマが素晴らしい。スッっと伸びる少し高めの酸、タンニンは滑らかだが、割としっかりしている。最初の印象は、甘みを殆ど感じず、ドライでアフターには少し苦みを感じたが、時間と共に、派手ではないものの、じわっとした甘みも感じられ、香りはさらに華やかに。

f:id:turque1991:20200613231159p:plain(3.9~4.0)

f:id:turque1991:20200613225258j:plain

過去に飲んだミシェル・ラファルジュのなかでも、ベストと感じました。畑の格としては、クロ・デ・シェーヌやレ・カイユレ、モノポールのクロ・デュ・シャトー・デ・デュックに比べると一段低いかもしれませんが、まさに今飲んで最高に美味しいワインだと思います。4月に飲んだのは、ヴィンテージ評価としては上の2005年ですが、今考えると、少し早かったかもしれません。

▼合わせた料理は、ねぎ塩チキン。良く合います。

f:id:turque1991:20200613231928j:plain

▼チーズは、コンテ18Mにブルーチーズ2種。ロックフォール(右)とイタリアのオロ・ロッソ。甘口赤ワインに1ヶ月浸して、食用花と果実を練りこんだチーズです。

オロ・ロッソは今回初めて買いましたが、ピノノワールに結構合います。赤ワインに浸しているので当然かと思いますが、薔薇やローズヒップ、ハイビスカス、ラズベリー等、ピノには馴染みの香りが更に相性を高めているように感じます。

ロックフォールは、予想通り厳しいです。熟成がかなり進んだもので、強烈にシャープな風味で、ワインが完全に負けてしまいます。おそらくボルドーでもおそらくダメで、ワインであれば、ソーテルヌ等の甘口ワインしか難しそうです。

f:id:turque1991:20200613232033j:plain

飲み頃に当たったブルゴーニュの素晴らしいさは、やはりニューワールドのワインでは味わえないものだと思います。

ミシェル・ラファルジュのワインは、やはり飲み頃を予想するのが難しい部類に入ると思いますが、今年、プルミエ・クリュを4本飲んで、なんとなく傾向を知ることはできました。

ちなみに今回は、一人で飲んだので、2日に渡って飲みましたが、2日目は、明らかに酸化のニュアンスが感じられました。「プルテックス アンチ・オックス」という酸化を防ぐストッパーを使いましたが、ダメでした。この道具は、繊細な熟成ワインでボトル内のワインが少なくなっているという条件では、流石に酸化を防ぐというのは難しいかもしれません。

(了)