バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

南仏ルーションのシャルドネとオリヴィエ・ジュアンのシャルム・シャンベルタン 2009年

f:id:turque1991:20200726160027j:plain

7月の連休2日目は、オリヴィエ・ジュアンのグラン・クリュ、2009年シャルム・シャンベルタンを開けました。前菜のブラータとは、南フランス、ルーション地方のシャルドネを合わせました。

ジャン・マルク・ラファージュ [2018] カディレッタ ,コート・カタランI.G.P.
Jean Marc Lafage [2018] Cadireta ,  Cotes Catalanes I.G.P.

初めて飲むワイナリーですが、信濃屋のフランスワインで売上一位ということで、試してみました。南フランス、ルーション地方のIGP(地理的表示保護)ワインです。
以下、このワインに関してのインポータ情報です。

地中海に面した粘土石灰質の畑のシャルドネを使用。葡萄の収穫は通常9月の中旬。約30%がブルゴーニュ産の新樽で発酵し、3ヶ月間、シュールリーとバトナージュを行います。

f:id:turque1991:20200726160110j:plain

淡いクリームイエロー。黄色リンゴ、洋ナシ、アプリコットの黄色い果実香。アカシアの花、ミネラル香も。ふくよかな果実味、やや控えめで優しい酸。まさに南のシャルドネという感じ。微かなバニラ香は感じますが、30%新樽という印象はありません。
15K円ほどの価格を考えると、コストパフォーマンスが結構高いワインです。これは、リピートありかと思います。

f:id:turque1991:20200726230730p:plain(3.5)

▼テット・ド・モワンヌを添えたサラダとブラータに合わせました。イタリア直輸入のブラータは、1000円前後しますが、最近は、少し小さなサイズの国産ブラータも出回っています。これもイオンオリジナルのブラータで、価格は、400円弱でした。ミニトマトとバジルは自家栽培です。

f:id:turque1991:20200726160124j:plain

オリヴィエ・ジュアン グラン・クリュ シャルム・シャンベルタン 2009年
Domeine Olivier Jouan [2009] Charmes Chambertin Grand Cru

マゾワイエール側に所有する0.35haの畑から(マゾワイエールのワインはシャルムを名乗れます)。平均樹齢60年の古木。新樽比率30%で樽熟。

f:id:turque1991:20200726160241j:plain

相変わらず濃いガーネットがかったルビー。
ファーストアタックは少し土っぽいロースト香に完熟ベリー香。カシス、ブラックベリー、ブルーベリー。牡丹、黒胡椒、ドライハーブ、ヨード。豊かな酸、タンニンは甘く滑らか。抜栓後1時間ほどで、腐葉土の熟成アロマも。最初に感じたオーク香も時間がたつと気にならなくなり、酸・甘み。タンニンの調和が取れてきて、そこに熟成感が加わり、美味しい。

f:id:turque1991:20200726232953p:plain(4.1)

f:id:turque1991:20200726160251j:plain

▼牛肉とインゲン、パブリカの炒め物。野菜は、鉢植えの自家栽培のものです。

f:id:turque1991:20200726160308j:plain

モレ・サンドニの印象が強い(実際は、オー・コート・ド・ニュイのアルスナン村のドメーヌ)オリヴィエ・ジュアンですが、デュジャックやポンソに比べると安価なので、結構購入しています。造りとしては、デュジャックに似ているような気がします。

2009年ヴィンテージは、昨年10月にモレ・サンドニ1erのラ・リオットを飲みましたが、今回のシャルム同様、豊かな果実味に熟成感も感じさせてくれる素晴らしいプルミエ・クリュでした。ただ、その後に飲んだ2011年以降のワインには、結構オーキーで粗いタンニンを感じさせるものに出会っています。それほど、ヴァン・ド・ガルド(長期熟成ワイン)ではないとは思いますが、プルミエ・クリュ以上は、早飲みは避けたほうがよさそうです。

(了)