バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

アンヌ・グロ クロ・ヴージョ 2005&1998年

f:id:turque1991:20200723155008j:plain

グロファミリーの一角、ドメーヌ・アンヌ・グロ、クロ・ヴージョ・グラン・モーペルテュイのです。熟成したクロ・ヴージョを味わいたく、2005年ヴィンテージと更に、1998年ヴィンテージを開けてみました。

半年ほど前に2009年のアンヌ・グロのクロ・ヴージョを飲みましたが、実力を発揮するには、未だ若い印象を受けました(→グロファミリーのクロ・ヴージョ飲み比べ) 。
そこで、同じ良年の2005年と22年熟成の1998年を飲んでみました。

クロ・ヴージョは、50haを超えるブルゴーニュ最大のグラン・クリュ畑で、80もの所有者がいます。アンヌ・グロが所有する上部に位置する、グラン・モーペルテュイの区画は、クロ・ヴージョの中でも最良の区画のひとつとして知られています。
ちなみに左側に隣接している区画は、同じグロ・ファミリーのミシェル・グロの畑です。アンヌ・グロの畑は0.93haほどですが、ミシェル・グロは、0.2haと極小で、結構レアなのですが、価格的にはミシェル・グロのほうが安めです。

f:id:turque1991:20200723164539j:plain

▼クロ・ヴージョの畑(シャトー・ド・ラトゥール・クロ・ヴージョから南方向を撮影)です。この特急畑、実際に目にするとその大きさに圧倒されます。

グラン・モーペルテュイの区画は、奥に見える矢印のあたり。 

f:id:turque1991:20200723165400j:plain

▼ヴォーヌ・ロマネ村にあるドメーヌです。ブルーが好きなのでしょうか?

f:id:turque1991:20200723170830j:plain

ドメーヌ・アンヌ グロ クロ ド ヴージョ グラン モーペルテュイ グラン クリュ 2005年
DomaineAnne Gros [2005] Clos Vougeot Grand Maupertuis Grand Cru 

f:id:turque1991:20200723171307j:plain

深みのある少し濃いめのルビー。
ブルーベリー、ブラックベリー、ダークチェリーの黒っぽい果実香。牡丹の赤い花に凛とした清涼感のあるドライハーブやホワイトペッパーの香り。わずかな甘み、きめの細かいタンニン。伸びやかで奇麗な酸。美味しいが、残念なのは、期待した妖艶な獣香や腐葉土の熟成アロマがそれほど感じられないこと。最良を味わうには、もう少し寝かしておくべきワインか?

f:id:turque1991:20200723172728p:plain(3.8)

f:id:turque1991:20200723171344j:plain

▼つまみは、自家栽培の採れたて焼きナス。ガーリック&フライドオニオン入りのオリーブオイルと。

f:id:turque1991:20200723172834j:plain

▼メインは、モモ肉のステーキで。

f:id:turque1991:20200723173303j:plain

アンヌ・グロのクロ・ヴージョ、さらに熟成したらどうなるかを試したく、1998年、22年前のクロ・ヴージョを1週間後に開けてみました。

ドメーヌ・アンヌ グロ クロ ド ヴージョ グラン モーペルテュイ グラン クリュ 1998年
DomaineAnne Gros [1998] Clos Vougeot Grand Maupertuis Grand Cru
 

当時のラベルは、今の洗練されたデザインとは異なります。今のラベルは2001年頃から使われているようです。1999年~2000年は、また異なるデザインのラベルです。

f:id:turque1991:20200723173716j:plain

淵にレンガ色が入った中庸のルビーカラー。ブルーベリー、ダークチェリーの凝縮した果実香。ドライハーブ、リコリス、紅茶。豊かだが、過度ではない酸と完全に溶け込んだタンニン。先に飲んだ2005年の比べると腐葉土の熟成アロマが感じられる。余韻にややペパーミントの冷涼感を残す。時間とともに、甘みも感じられるようになり、熟成のアロマは更に妖艶に。

f:id:turque1991:20200723175831p:plain(4.0)

f:id:turque1991:20200723174644j:plain

▼マグロのステーキとチキン。

f:id:turque1991:20200723174808j:plain

▼今回も、また、ステーキ。こちらは、オーストラリアのサーロインです。

f:id:turque1991:20200723174817j:plain

1週間間をおいて、2005年と1998年のクロ・ヴージョを味わいましたが、2005年については、半年前に飲んだ2009年に比べて酸やタンニンに落ち着きを感じましたが、ヴィンテージの特徴は似ていることもあり、それほど熟成感に違いは感じられませんでした。1998年については、熟成のアロマがはっきり感じられるワインでした。ただ、色合いや酸から、枯れた感じは全くなく、まだまだ熟成の余地が感じられるワインでした。

どちらかといえば、骨格のある男性的なイメージのあるクロ・ヴージョですが、この女性醸造家が造るクロ・ヴージョは、派手さはないものの、きめ細かく、より洗練された印象を持ちあわせているワインだと思います。

(了)