バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ラ・ジブリオット シャルム・シャンベルタン 2010年

f:id:turque1991:20200830231144j:plain

ジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌ・クロード・デュガのネゴシアン部門、ラ・ジブリオットのフラッグシップ、シャルム・シャンベルタンの2010年ヴィンテージです。

ラ・ジブリオットは、クロード・デュガの監督のもと、息子のベルトランと娘のレティシア、ジャンヌが経営に携わっており、ファースト・ヴィンテージは2002年になります。ブルゴーニュ、ジュヴレ・シャンベルタン、ジュブレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ、そして、このシャルム・シャンベルタンの4種のAOCワインに絞り込んでおり、生産量も多くありません。一般的なネゴシアンとは異なり、ジュヴレ・シャンベルタンのワインに特化したネゴシアンです。

番外ですが、オスピス・ド・ボーヌのマジ・シャンベルタン2005年は、これまで飲んだ中で、最高のオスピスでした(→こちら)

ラ・ジブリオット シャルム・シャンベルタン 2010年
[2010] La Gibryottes Charmes-Chambertin Grand Cru

f:id:turque1991:20200830231223j:plain

やや黒みがかった深いルビー。
カシスやブラックベリーアメリカンチェリーの赤黒果実の香りと同時にロースト香。更に、薔薇や牡丹、ドライフラワーのフローラルな香りや、土っぽい香り、黒胡椒、スーボワ、紅茶の熟成ブーケも。酸は伸びやかだが、過剰ではなく、柔らかい。タンニンは僅かに収斂性を感じるもののそれほど気にならない。しっかりとした骨格をもちながら華やかな香り、そして旨味を感じさせるバランスの取れた印象のワイン。あと、3年程寝かすとタンニンが完全に溶け込みベストか?

f:id:turque1991:20200831231924p:plain(3.8)

f:id:turque1991:20200831225940j:plain

▼アラカルトのつまみと。

f:id:turque1991:20200830231241j:plain

▼フランスのウオッシュタイプのルクロン。マイルド過ぎて少しもの足りなさを感じますが、軽口~中重口の幅広い赤ワインに合うと思います。

f:id:turque1991:20200830231252j:plain

 やはり、印象はクロード・デュガのワインに近い感じです。樽香は、それなりに感じ、抽出も強い印象ですが、それに負けない凝縮した果実味や骨格を持ち、フローラルさと大地香が共存している上質なジュヴレのグラン・クリュだと思います。

(了)