バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

アンヌ・フランソワーズ・グロ ヴォーヌ・ロマネ・オー・レア 2013年

f:id:turque1991:20210112224838j:plain

ドメーヌ・アンヌ・フランソワーズ・グロのヴォーヌ・ロマネ・オー・レアの2013年ヴィンテージです。華やかで柔らかいワインの印象があるドメーヌですが、やや難しいヴィンテージは、どうでしょうか?

▼ポマールに本拠地を置くアンヌ・フランソワーズ・グロ。一昨年の9月に訪れ、その際に、VRオー・レアの2014年ヴィンテージを試飲しています。淡い色合いで、チャーミングなワインと記憶しています。その後、同じ2014年のVRクロ・ド・ラ・フォンテーヌやドメーヌで購入した2012年のポマール・1er・レ・ ザルヴレを飲みましたが、いずれも、女性的で柔らかく、華やかなワインの印象を持っています。

f:id:turque1991:20210112230659j:plainf:id:turque1991:20210112231612j:plain

ドメーヌ・アンヌ・フランソワーズ・グロ ヴォーヌ・ロマネ オー・レア 2013年
[2013] Domaine Anne-Françoise GROS Romanée Aux Réas

オー・レアは、1936年の格付け時に「土壌の肥沃さから繊細さに欠ける」という理由で、1級から村名に格下げされた畑です。

f:id:turque1991:20210117175057j:plain

中庸~やや淡いルビーカラー。縁にかけてほんの僅かにオレンジ色のグラデーション。
ラズベリーアメリカンチェリーの赤系果実。ロースト香、オリエンタルスパイス、ドライフルーツやドライハーブ。柔らかいが、やや冷涼な印象も。タンニンは丸く溶け込んでいる印象。酸の余韻が続く。最初は、ロースト香とスパイシー感がやや目立つが、時間が経ち落ち着いてくると、味わいにやや酸が目立ち始める。柔らかいが、中盤がやや弱い印象(ドメーヌで試飲した2012年と同じ傾向)。昨年飲んだ2014年の村名のクロ・ド・ラ・フォンテーヌに比べると果実味の豊かさが劣る感じ。

f:id:turque1991:20210117184002p:plain(3.2)

f:id:turque1991:20210117181724j:plain

▼チキンのガーリック炒めと。

f:id:turque1991:20210117181742j:plain

オフビンテージの2013年の赤ですが、わりと早くから楽しめるワインが多いように感じます。ただ村名クラスはややバラツキもあるようです。ここのリシュブールは未だ飲んだことがありませんが、1級以下のこのドメーヌのワインはヴィンテージによらず、早熟のワインが多いようです。2015年や2016年は未だ飲んでいませんが、それほど待たずに開けられそうな気がします。
(了)