バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ ニュイ・サン・ジョルジュ 1er レ・ダモード 2008年  

f:id:turque1991:20210318230035j:plain

二コラ・ポテルによるネゴシアン部門、メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌのニュイ・サン=ジョルジュ・プリミエ・クリュ・レ・ダモードの2008年ヴィンテージです。

 メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌについては、こちらにも書きましたが、二コラ・ポテル氏がヴォルネイの名門、プス・ドールを売却後、ドメーヌ・ド・ベレーヌとともに立ち上げた、ネゴシアンです。ネゴシアンを立ち上げたのが、2008年ですので、このワインは、まさにメゾン・ド・ベレーヌのファースト・ヴィンテージということになります。 とはいえ、他の生産者からの樽買いをしているネゴシアンなので、1990年台のワインもしばしば見かけます。一昨年に飲んだこちらのワインも1990年ヴィンテージです。

[2008] Maison Roche de Bellene Nuit-Saint-Georges 1erCru Les Damodes

レ・ダモードは、ニュイ・サン=ジョルジュのなかでもヴォーヌ・ロマネに接する畑で、最上部は村名で、その下部に位置するのが、1級畑のレ・ダモードになります。ちちなみにこの畑に隣接するヴォーヌ・ロマネ村の畑もレ・ダモードです。つまり、2つの村に跨った1級畑ということになります。ヴォーヌ・ロマネ側の畑を所有しているドメーヌとしては、アンブロワーズが良く知られているかと思います。

f:id:turque1991:20210319233047j:plain

▼多分、手前の畑だったと思います。村名の畑は、道路1本を隔てるといえ、ちょっと高い位置にあり、はっきりと区別できます。

f:id:turque1991:20210320001002j:plain

f:id:turque1991:20210318230110j:plain

ガーネットがかった深みのあるルビーカラー。それほど熟成は感じられず意外に若々しい色合いだが、縁にかけて少しレンガ色が混ざるグラデーション。抜栓直後は、完全に閉じた状態だが、30分ほどで徐々に開きだす。少し控えめのラズベリーブラックベリーの果実とドライハーブ。オークからの僅かなバニラ香。2008年ヴィンテージらしい強めの酸を感じるが、気になるほどではない。タンニンは滑かで比較的柔らかい印象。2時間ほどで飲みきってしまったが、終始、香りは控えめで、冷涼でやや重心が低い印象。アフターは中庸。

f:id:turque1991:20210320002153p:plain(3.2)

f:id:turque1991:20210318230117j:plain

信濃屋のチキンハンバーグ&カニクリームコロッケと。

f:id:turque1991:20210318230121j:plain

f:id:turque1991:20210318230129j:plain

酸の強さからどちらかと言えば、2008年ヴィンテージには、あまり手が出ないのですが、このワインはセットワインに含まれていた1本です。突出するほどの酸ではなかったものの、隣接するヴォーヌ・ロマネ的な華やかさは感じられず、ややクールな印象のプルミエ・クリュでした。意外に濃いめの色合いや奥に隠れているような果実味から、もう数年の熟成の余地が感じられる印象のワインでした。

(了)