バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ドメーヌ・アンリ・フェレティグ ブルゴーニュ・ピノノワール 2018年

f:id:turque1991:20210320215831j:plain

シャンボール・ミュジニー村の注目の造り手、ドメーヌ・アンリ・フェレティグのブルゴーニュピノノワール2018年です。このヴィンテージからラベルが変更になったようです。

1969年にアンリ・フェレティグにより設立されたドメーヌですが、現在は、代替わりしており、アンリの息子のジルベールとその妻クリスティーヌに引き継がれています。ラベルには、「Girbert et Christine Felettig」と記されていますが、ドメーヌ名としては、未だアンリ・フェレティグの名前が使われているようです。

▼ドメーヌは、1級畑レ・フスロットの近くにあります。シャンボール・ミュジニーを中心に12.5haを所有しています。

f:id:turque1991:20210320220430j:plain

ドメーヌ・アンリ・フェレティグ ブルゴーニュ 2018年
[2018] Domaine Henri Felettig Bourgogne

シャンボル・ミュジニー村の畑で収穫されたブドウから。

f:id:turque1991:20210320220428j:plain
紫色を帯びた濃いルビーカラー。レッグはやや長い(14%)
ラズベリー、カシス、ダークチェリーの赤黒系果実香。スミレ、牡丹の花。バニラ、ドライハーブ、赤肉っつぽいやや濃厚な香り。豊かな酸と凝縮した果実味からの甘味。やや収斂性と少し粉っぽさを感じるタンニン。時間と共にスーボア香も。2018年のレジョナルとしては、同じシャンボール・ミュジニーの造り手、ディジオイア・ロワイエに似ている。以前飲んだ2016に比べても濃厚さを増している感じ。
レベルの高さを感じるレジョナルだが、ベストな飲み頃はもう1~2年先か?

f:id:turque1991:20210320224506p:plain(3.4)

f:id:turque1991:20210320220557j:plain

▼熟成ゴーダとボーフォールチーズと。

f:id:turque1991:20210320220609j:plain

▼ステーキ&芽キャベツと。濃いめのブルゴーニュとの相性はぴったりです。

f:id:turque1991:20210320220617j:plain

最近は、様々な2018年ブルゴーニュ・レジョナルを飲んでいますが、気候を反映してか、やや新世界的な甘味を感じるワインもあるものの、概ね良い印象を持っています。このワインも、甘みは感じるものの豊かな酸としっかりとしたタンニンに支えられています。ただ、割としっかりとした酒躯を持つようなので、上級ワインの飲み頃は、暫く先になりそうです。

(了)