バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ドメーヌ・ド・ラ・プレット ヴォーヌ・ロマネ・1er・レ・スショ 2010年/プティ・マンステール

f:id:turque1991:20210124151941j:plain

コート・ド・ニュイの南端、コルゴロアン村にあるドメーヌ、ドメーヌ・ド・ラ・プレットのフラッグシップワイン、ヴォーヌ・ロマネ・レ・スショの2010年ヴィンテージです。

 以前は耳にしたことのないドメーヌでしたが、先月このドメーヌのレジョナルの赤の最新ヴィンテージ(2018年)を初めて飲み、興味を持ちました。
ドメーヌ・ド・ラ・プレットは、プリモ・プラセ村の南に隣接し、コート・ド・ニュイの南端の村になるコルゴロアン村で18世紀から続く歴史のあるドメーヌで、6代に渡って女性当主が運営してきたようです。ドメーヌの名前の由来は、ニュイ・サン=ジョルジュに所有している1級畑の名前です。この畑もあまり聞いたことがありませんが、比較的標高の高い位置にある1級畑のようで、何人かの所有者はいるようですが、あまり有名なドメーヌの名前は見かけません。

▼これは、先に飲んだ、2018年のブルゴーニュ ・ラ・コルヴェ・オ・プレートルです。

f:id:turque1991:20210124165250j:plain

2018年のせいか、意外にも濃いめの色合いでした。赤黒系果実の香りとちょっと焦げたニュアンスの香りに甘味のある果実味が印象的で、レジョナルのブル赤としては、なかなか良くできたワインといういう印象を持ちました。

f:id:turque1991:20210124165831j:plain

レジョナルがそこそこ美味しかったので、上級ワインも飲んでみたく、探したところ、ヴォーヌ・ロマネの1級レ・スショのバックヴィンテージ(2010年)が見つかり、僅かに1万円を切る価格だったので購入してみました。

ドメーヌ・ド・ラ・プレット ヴォーヌ・ロマネ・1er・レ・スショ 2010年
[2010] Domaine de la Poulette Vosne Romanee 1erCru Les Suchot

樹齢40年の畑から。100%除梗。新樽50%で18ヶ月熟成 

f:id:turque1991:20210124151955j:plain

やや淡い色合い。先日飲んだ2018年のブルゴーニュとは全然違います。縁にレンガ色が少し入るが、(写真では中心部まで淡く見えますが)中心部はまだ艶のあるルビー。
デキャンタしたものの、抜栓直後は、香りは、殆ど立たず閉じており冷涼な印象。
時間が経つと徐々にラズベリーブラックベリーの赤黒系果実の香りやシダ、タバコ、バニラの香りが僅かに出てきます。アタックには、やや強めの酸。タンニンは丸いが、やや収斂性も。1時間ほどすると、ヨードっぽいミネラル、甘草、ミント、ドライハーブの香りも加わり、さらに時間が経つと腐葉土のブーケも。ただ、やや内向的で、ヴォーヌ・ロマネに期待する華やかさは抑えられている印象。
少し残して、2日後に再度、トライ。
すると初日とは異なり甘く華やかな香りが。香水とまではいかないものの、ベリーや薔薇に少しジャスミンが入ったような良い香り。タンニンも丸くなっている。

f:id:turque1991:20210124174310p:plain(初日は、3.1、3日目は3.3)

f:id:turque1991:20210124152007j:plain

▼チーズはアルザスのプティ・マンステール。

f:id:turque1991:20210124152022j:plain

本来は、同郷のゲヴェルツトラミネール等のアルザスの白が定石ですが、賞味期限間近で熟成が進み匂いも強烈になっているので、赤でも良いかなと思い合わせてみました。
クミンシードで香りを和らげます。

f:id:turque1991:20210124152034j:plain

当たり前ですが、2018年のレジョナルの外向的な印象とは全く異なり、薄い色合いで最初は完全に閉じている印象でしたが、3日目は非常にフローラル香りのワインに変身にしました。最近よく飲む2010年のブルゴーニュですが、プルミエ・クリュ以上は、閉じていることも多く、抜栓後時間をかけて楽しんだ方が良いようです。

(了)