バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

お気に入りロゼ・シャンパン~マーク・エブラール・ブリュット・ロゼ

f:id:turque1991:20190614175325j:plain

時々思い立つと、飲みたくなるロゼ・シャンパンで、大抵、セラーに1本は置いてあります。アイ村、エペルネ近くにある小さな家族経営のレコルタン・マニピュラン(RM)のマーク・エブラ―ル(Marc Hebrart)が造るシャンパンです。いつ飲んでも盤石の美味しさです。

 このメゾンのシャンパンは、ネット通販で有名なウメムラ・ワインセラーさんの専売品のようです。以下は、ウメムラさんのホームページの引用です。

「マーク・エブラールは、家族経営のレコルタン・マニピュランで、ドメーヌは、マーク・エブラールによって1963年に創られました。1年目の瓶詰め総数は、たったの280本でした。その後、畑を買い足して、現在12.5ヘクタールの畑を所有しています。現在39歳になる彼の息子、ジャン・ポールが1997年からドメーヌの跡を継ぎ高品質シャンパンを作っております。本当に驚かされた事に、ここMarc Hebrartはすべてにおいて手作業でシャンパンを生産しています。」

とのこと。ルミアージュ(ボトルを少しずつ左右に回しながら立てていき、澱を瓶口の栓の近くに集める作業)も手動のようです。

シャルドネピノノワールほぼ半分ずつのセパージュで、年間生産本数は2500本(但しH13年の数字)とのこと。一部樹齢50年の古樹も使用されているようです。

このロゼ泡、ショップのレビューを見ても結構人気が高いことがわかります。

淡い色合いの理想的なロゼカラーだと思います。誰が見ても綺麗で上品と感じる少しオレンジがかったサーモンピンク色です。

このロゼ・シャンパン、ワインやシャンパンを飲みなれていない人でも、10人中10人が美味しいという反応を示してくれます。華やかな果実のアロマを感じますが、結構ドライなので、食前酒だけでなく、食中酒としても最適です。樽熟成はしていないと思われます。イースト香はありますが、あまりノワゼット(ヘーゼルナッツ)香的なものは感じません。一般にナッツ香は、複雑さを与えてくれますが、飲みなれない人にとっては、ひねた香りというネガティブに捉えてしまうこともあります。フルーティで複雑さはそこそこですが、スパークリングワインとは一線を画し、大手メゾンのロゼに比べてもコストパフォーマンスの高さを実感できるものだと思います。

ウメムラさんの価格は、税抜4,980円とぎりぎり5千円を切ります。NVシャンパンですので、決してすごく安いわけではありませんが、生産量を考えると、決して高くはないと思います。ちなみに、ブラン・ド・ブランも同価格で販売されています。

f:id:turque1991:20190614181341j:plain

泡は繊細です。明るいサーモンピンク、ストロベリー、レッドチェリー、オレンジ、グレープフルーツ、蜂蜜。イースト香、心地良いミネラルを感じます。印象的なのは、やはりドライながら華やかな果実味です。

f:id:turque1991:20190614181305j:plain

少し濃厚めの白カビチーズ(伊ランゲリーノ)チーズや濃厚なボーフォールにも良く合います、シーフードアヒージョとの相性も抜群でした。

こちらは、少し前に飲んだ同メゾンのヴィンテージ・シャンパン マーク エブラール スペシャル クラブ ミレジム2012です。美味しいシャンパンでしたが、ノーマルラインのNVで十分と感じました。

f:id:turque1991:20190731223919j:plain

生産本数が少ない為、売り切れのことも多いですが、いろいろなシチュエーションにあわせられるこのロゼ・シャンパンは、絶対お奨めです。

(終)