バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ウィリアム・フェ―ブル シャブリ・グラン・クリュ・ブーグロ 2015年

f:id:turque1991:20200612235614j:plain

シャブリで最大のグランクリュ畑を所有する名門ドメーヌで、「最もピュアで最もエレガントな白ワインを造る生産者の1つ」と称されるウィリアム・フェーブルのグラン・クリュ、ブーグロです。

1850年に設立されたドメーヌ・ウィリアム・フェーブルは、積極的に畑を買い増し、47haもの畑を所有するに至ります。そのうち、15.2haがグランクリュの畑で、これは、シャブリ最大のグランクリュ所有者(7つのグラン・クリュのうち6つを所有)ということになります。

▼ジャブリの街中にある、ウィリアム・フェーヴルのドメーヌ。

f:id:turque1991:20200613194109j:plain

跡継ぎに恵まれなかったウィリアム・フェーブル氏は、ドメーヌを、シャンパンで有名なアンリオ家に売却します。アンリオ家が登用したのが、若手醸造家の ディディエ セギエ氏で、ゼギエ氏は、手積みの収穫の導入(シャブリでは殆どが機械による収穫)、新樽の廃止等の改革を行い、その結果、「最もピュアで最もエレガントな白ワインを造る生産者の1つ」(ル・クラスマン誌)と称されるようになりました。

所有する畑には、平均樹齢は30年から50年のブドウが植えられており、2010年からは、グランクリュのすべての畑で、ビオディナミ農法を実践しています。

▼ブーグロは、一連のグラン・クリュ畑の最も西に存在しています。
(下の写真の畑は、レ・クロです)

f:id:turque1991:20200613003338j:plain

▼ブーグロの畑です。畑の向きは、南西になります。粘土質が濃く深く広がる、保湿性に優れた土壌で、ウィリアム・フェ―ヴルは、この畑の約半分を所有しています。

上部(右上)は、プリューズの畑になります。

f:id:turque1991:20200613003812j:plain

ドメーヌ・ウィリアム・フェ―ブル シャブリ・グラン・クリュ・ブーグロ 2015年
Domaine William Fevre [2015] Chablis Grand Cru BOUGROS

手摘みで収穫したブドウを、空圧式圧搾機で優しく圧搾、アルコール発酵とマロラクティック発酵を行った後に、50~60%をフレンチオークの古樽で約5~6ヵ月間澱とともに熟成し、ステンレスタンクで約9ヵ月間、合計14~15ヵ月間熟成させて瓶詰めを行っています。

f:id:turque1991:20200613004435j:plain

輝きのある、少しグリーンがかったクリームイエロー。まず、香りに豊富なミネラル(火打石の香り)を感じる。白い花、リンゴ、レモン、ライム、グレープフルーツ、洋梨ホワイトペッパーグランクリュにしては、オーク香は弱く、僅かにバニラを感じる程度。上品で綺麗な酸は、それほど刺激的でなく意外に優しい。

f:id:turque1991:20200613191833p:plain(3.5)

猛暑だった2015年の白ということで、やや甘めで、ダルな酒躯も予想しましたが、流石にきちんとコントロールされているようで、シャブリらしい酸もちゃんとあります。加えて、この年の特徴?とも言える厚い果実味も感じられます。

▼このワインには、エスカルゴを合わせました。やはりエシャレットバターとブルゴーニュシャルドネとの相性は最高です。

f:id:turque1991:20200613004734j:plain

▼チーズは、本来は、白カビ系としたいところですが、生憎、無かったので、タレッジョとコンテ24Mです。予想通り、チーズが濃厚過ぎて、いずれも相性はいまいちでした。

 

f:id:turque1991:20200613004744j:plain

 ▼昨年ブルゴーニュを訪れた際に、シャブリに1泊だけしました。その際、夕食は、ウィリアム・フェーブルのショップの隣にあるレストランでとりました。おそらくドメーヌの経営店かと思います。

f:id:turque1991:20200613004857j:plain

▼注文したワインは、もちろん、ウィリアム・フェ―ブル。プルミエ・クリュのモンマンです。ここで、前菜にオーダーしたのが、やはりエスカルゴでした。

f:id:turque1991:20200613004908j:plain

ラヴノー、ド―ヴィサと並んで、シャブリ最高峰のドメーヌ(最近は、ドロワンとも言われていますが)と称されていますが、入手し易さでは、群を抜いています。日本でも比較的安くプルミエ・クリュやグラン・クリュが手に入ります。特級畑の中では、特に、ブーグロは、何故か時々、5~6千円台で売り出されることがあります。
何といっても手頃な価格で、いつ飲んでも、外れがなく、安心して飲めるのが、このドメーヌの最大の魅力かと思います。

(了)