バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

料理と愉しむお気に入りのブル白

f:id:turque1991:20200713230742j:plain

お気に入りのブルゴーニュ白ワイン、ド―ヴィサのシャブリ1級ヴァイヨンとダニエル・エ・ジュリアン・バローのプィィ・フュッセです。仙台の実家にて魚貝料理と初夏の野菜と愉しみました。主役は、ワインではなく、あくまで料理です。

コロナの移動制限が解けた6月3週の週末、実家に帰省を料理好きの姉の手料理に合わせて、ブルゴーニュワインをたのしみました。

白は、ブルゴーニュ最北部のシャブリと南のプィイ・フュッセ。同じブルゴーニュといっても全く個性の異なる白です。

ヴァンサン・ドーヴィサ シャブリ 1級 ヴァイヨン 2016年
Vincent Dauvissat [2016] Chablis 1er Cru Vaillons

 

最近飲む機会の多いドーヴィサのプルミエ・クリュ ヴァイヨンです。ド―ヴィサのシャブリのプレミエ・クリュとしては、ラ・フォレと双璧をなす畑ですが、ラ・フォレが長熟により真価を発揮するワインに対して、ヴァイヨンは、丸みのある豊かな果実味をもつ、比較的近づきやすいプルミエ・クリュとして知られています。

f:id:turque1991:20200713232550j:plain

僅かにグリーンがかった淡いイエロー。
青リンゴ、洋梨、グレープフルーツの果実香と豊かなミネラル。白い花、フレッシュハーブ、レモングラス、石、典型的なジャブリだが、酸とミネラル、いずれも突出しておらず、バランスが絶妙。複雑さを味わうには、未だ熟成が足りない印象だが、これはこれで美味しいシャブリ。

f:id:turque1991:20200714234844p:plain(3.7)

▼本マグロと真鯛の刺身。言うまでもなく、抜群の相性です。

f:id:turque1991:20200713234601j:plain

▼旬の焼きそら豆、右は、タジン鍋による鮭と野菜のトマト煮。酸とスパイスが利いており、シャブリにも良く合います。

f:id:turque1991:20200713235230j:plain

ダニエル・エ・ジュリアン・バロー プイィ・フュッセ ラ・ヴェルシェール V.V. 2014年 
Domaine Daniel et Julien Barraud [2014] Pouilly Fuisse  La Verchere V.V. 

最近は、最低月に2回以上は飲むお気に入りのダニエル・バローのプイィ・フッセです。セラーに常備しているワインのひとつで、ブルゴーニュの白として飲む頻度が最も高い造り手です。

フイィ・フュッセの格付けは行われていませんが、格付けが行われれば、確実に昇格するであろう畑を所有しています。フラッグシップは、樹齢70年のアン・ビュラン。最近この銘柄のみラベルデザインが少し変わり、それ以来入手しにくくなっています。これに次ぐのが、ラ・ロシュ、ラ・クレイ。そのトップ3に次ぐプイィ・フュッセの人気畑が、このラ・ヴェルシェールです。ドメーヌのすぐ隣の南に面した区画に植えられた40年から50年になるブドウ樹から造られるワインです。
ダニエル・バローが、1995年に初めてビオロジック農法を取り入れた畑でもあります。ドメーヌは、その後、徐々に広げて2005年頃から全所有畑をビオロジックにより栽培しています。
ダニエル・バローは、プィイ・フッセ全体で4.5haほどの畑を所有していますが、ラ・ヴェルシェールは、1haと単独畑としては、最大になります。

リアルワインガイド 92~93点で、ヴィンテージに依らず、だいたい安定していおり、ラ・ロッシュやラ・クレイと比較してもそれほど遜色はありません。価格も含めて、入手し易いプイィ・フッセだと思います。

f:id:turque1991:20200713235259j:plain

グリーンを少し残した艶のあるレモンイエロ―。
リンゴ、ライム、比較的穏やかな酸とミネラル。果実味豊かであるが、13年に見られた厚みまではそれほど感じない。いつもミネラルの強さが印象的なワインだが、これは、それほど強くなく、南ブルゴーニュらしい甘い果実味の印象が強い。ノワゼット香等の熟成香は殆ど顕れておらず、複雑性を求めるのであれば、あと2年程の熟成が必要か?

f:id:turque1991:20200714234821p:plain(3.5)

▼ホタテのカルパッチョ。食材はもとより、オリーブオイルとの相性も抜群です。

f:id:turque1991:20200713235325j:plain

▼アサリとキャベツの酒蒸し。塩気が、このワインのもつミネラルと相性が良いです。

f:id:turque1991:20200713235333j:plain

▼最後に肉に合わせるため、クロワのサヴィニー・ボーヌを開けました。

ドメーヌ・デ・クロワ  1erCru レ・プイエ 2012年
Domaine des Croix [2012] Savigny les Beaune Premier Cru les Peuillets

 

f:id:turque1991:20200713235414j:plain

中心に濃さを感じるルビー。
アメリカンチェリー、ブラックベリー等の赤黒系の果実香。酸は中庸。タンニンは溶け込んでおり、きめ細かい。果実味・酸・タンニンバランスが取れており優等生的なブルゴーニュ。その反面インパクトには欠ける印象。熟成による複雑性はあまり感じられない。

f:id:turque1991:20200715222354p:plain(3.0)

2009年ヴィンテージから、プルミエ・クリュを中心に結構飲んでいますが、あまり感動したことがありません。決して、近づきにくい酒質ではなく、そこそこ美味しいのですが、どちらかと言えば、長熟タイプなのか、なかなか期待するような熟成感を感じさせてくれません。過去グランクリュもいくつか購入していますのが、もう少し待った方がよさそうです。

▼仙台牛の焼肉です。コロナ禍で需要が滞っているのか、仙台牛のセールを行っており、比較的安く購入できました。

f:id:turque1991:20200713235423j:plain

久々の仙台、料理が主役の2日間でした。