バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ ヴォルネイ 1erCru シャンパン 2018年 

f:id:turque1991:20210405222120j:plain

先日のヴォルネイ・1erCru・フルミエに引き続き、2018年ヴィンテージのドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユを飲みました。今回は、同じヴォルネイの1級ながら、より上級銘柄に位置づけられるヴォルネイ・1erCru・シャンパンです。

前年に引き続きメディアの評価がすこぶる高いドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユの2018年ヴィンテージです。 先月に飲んだヴォルネイ・1erCru・フルミエは、リリース直後にも関わらず、華やかな芳香と凝縮した果実味に溢れる素晴らしいワインでした。
フルミエとともに何本か購入したヴォルネイ1級のシャンパンを開けてみました。

マルキ・ダンジェルヴィーユ ヴォルネイ・プルミエ・クリュ・シャンパン 2018年
[2018] Domaine Marquis d'Angerville Volnay 1erCru Champans


f:id:turque1991:20210405222127j:plainシャンパン」は「傾斜の畑」という意味。赤土が多く、低地では砂利が多い粘土質で、高地はごつごつした石灰質土壌。マルキ・ダンジェルヴィーユは、約4haの東西(低地から高地)に延びる区画を所有している。樹齢は約35年。

f:id:turque1991:20210411185952j:plain

若いヴィンテージでもあり、開かせるためにデキャンタしましたが、結果的には十分開いており、それほど意味はなかったようです。ちなみに、これ、デキャンタにワインシャワーとワインロートがセットになっているリーデル社のセット商品で、結構優れモノのです。流石に滓はないので、ロートは使用していません。

f:id:turque1991:20210405222130j:plain

 艶と深みのある紫が混ざる濃い目のルビーレッド。レッグはやや長め。
ラズベリーブラックベリー、カシス、プルーンの濃密な赤黒系果実の香りとロースト香。ハイビスカスや牡丹の赤や紫の花。なめし皮や黒胡椒、シナモン等のスパイス香。酸は豊かだが、それ以外の要素が強く全く突出していない。タンニンは既に溶け込んでいる感じ。若くして、バランスが取れており、とげとげしさが一切感じらず、豊かながら、柔らかい果実味と暑い年の過熟さを感じさせない酸。同じヴィンテージのジュヴレジャンベルタン等とは対極をなす女性的なワイン。アフターも長め。
このクラスでも十分開いており、今飲んでも美味しいし、熟成によるブーケや複雑さが加われば、更なる期待ができる予感。

f:id:turque1991:20210419221204p:plain(3.9)

f:id:turque1991:20210405222141j:plain

フォアグラ大根とステーキと。
フォアグラ大根の方は、この赤よりも、どちらかと言えば、一緒に飲んだブランディーズのマディラの方が好相性でした。

f:id:turque1991:20210405222138j:plain

f:id:turque1991:20210419223210j:plain

予想通り、2018年のマルキ・ダンジェルヴィ―ユの素晴らしさを感じられる1本でした。ただ、現時点では、(同時に比較した訳ではありませんが、)先日飲んだ同じヴォルネイ1級のフルミエとそれほど大きな差は感じられませんでした。とは言え、このワインの果実味の凝縮感、厚みはより感じられ、今後の熟成により、差が出てくるのではないかと思います。

(了)