バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ドメーヌ・ド・モンティーユ コルトン・クロ・デュ・ロワGC 2010年

f:id:turque1991:20201204234758j:plain

最近、北海道函館への進出が話題になったヴォルネイの老舗名門ドメーヌ、ドメーヌ・ド・モンティーユ。グラン・クリュのコルトン・クロ・デュ・ロワ、良年2010年です。

 ド・モンティーユ家は、17世紀のフランス革命前からヴォルネイ村に居を構える旧家で、1920年後半からワイン造りを始めています。先代のユベール氏がドメーヌの基礎を作り、パリで会計士をやっていた現当主エティエンヌ氏がドメーヌ経営に参画すると、次々にブドウ畑を買収し、当初3haであった自社畑は、現在37haに拡大しています。最近は、シャトー・ド・ピュイニ―・モンラッシュを買収し、さらに最近は、北海道の函館への進出がニュースになりした。

このドメーヌのワインは、ヴォルネイのプルミエ・クリュを何度か飲みましたが、グラン・クリュは初めてです。もっとも、ここのグラン・クリュは、このコルトン・クロ・デュ・ロワとコルトン・シャルルマーニュ、そして、ニュイのクロ・ヴージョのみです(過去にはモンラッシュの所有していたこともあるようです)。
憧れは、何と言っても、2005年にデュジャックと共同で、トマ・モワイヤールから買収したヴォーヌ・ロマネのレ・マルコンソールですが、残念ながら、これは未だ飲んだことがありません。

ドメーヌ・ド・モンティーユ コルトン・クロ・デュ・ロワGC 2010年
[2010] Domaine de Montille Corton clos du Roi Grand Cru 

このワインは、5年程前に13K円で購入しています。

f:id:turque1991:20201204234809j:plain

以下、テ―スティングメモから。

深みはあるものの、意外にも淡い色調。縁にかけて薄めの僅かにレンガ色がかったのグラデーションも。それほど熟成の進んだ色合いではない。レッグは、中程度。
抜栓直後は香りはやや控え目だが、間もなく、赤黒系果実、ベリーよりもチェリーを感じる甘く柔らかい香り。やや梅っぽさに甘みを感じるアタックで、酸度は低め。滑らかなタンニン。さらに、ドライフルーツ、ドライハーブ、紅茶(ミルクティ)、更に下草や僅かに腐葉土的な熟成ブーケも。
コルトンらしからぬ?柔らかく、薄旨タイプのワイン。

f:id:turque1991:20201208183608p:plain(3.5) 

▼池袋ISPの「鶏むら」の焼き鳥。ショッピングセンターの中に入っている焼き鳥店の中では結構気に入っています(特に豚肉系)

f:id:turque1991:20201204234819j:plain

このドメーヌのワインのイメージとコルトンのグラン・クリュ、さらにヴィンテージを考えると、今飲むには早すぎる長期熟成タイプのワイン(ヴァン・ド・ガルド)を想像しましたが、結果は正反対でした。どちらかと言えば、最近流行りの薄旨タイプ。
まあ、熟成感含めて10年ほどで楽しめるという点は、これはこれで良いかと思います。

(了)