バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

J.J.コンフュロ・シャンボール・ミュジニー・1er・2012年

f:id:turque1991:20210216222246j:plain

ジャン・ジャック・コンフュロンのシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ 2012 年です。少し前にこのドメーヌの同じ2012年のニュイ・サン=ジョルジュの2つのプルミエ・クリュを飲み比べましたが、シャンボール・ミュジニーはどうでしょうか?

ロバートパーカーがブルゴーニュの5つ星生産者と評価をし、一躍人気が上昇したドメーヌ・ジャン・ジャック(J.J.)コンフュロン。プレモー・プリセ村に本拠を置おくドメーヌですが、フラッグシップは、シャルル・ノエラから譲り受けたロマネ・サン=ヴィヴァンで、シャンボールミュジニーにも畑を所有しています。今回のシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュは、シャンボール・ミュジニー村の中心に近い、レ・シャトロ(Les Chatelots)とレ・フスロット(Les Fusselottes)の2つの畑のブドウをブレンドしたワインです。レ・フスロットは、単独でも非常に評価の高い1級畑なので、敢えて、ブレンドしなくても良さそうですが、生産量の関係でしょうか?

f:id:turque1991:20210218232802p:plain

ちなみに、3ヶ月ほど前に飲んだ同じ2012年のニュイ・サン=ジョルジュのプルミエ・クリュ、レ・シャブッフとオー・ブドー、好みとしては、より華やかなボーヌ・ロマネに近いオー・ブドーでしたが、いずれもそろそろ飲み頃にはいったかなという印象でした。

[2012] Domaine Jean-Jacques Confuton Chambolle-Musigny 1er Cru

f:id:turque1991:20210216222305j:plain

▼9年経過した2012年ですが、未だ閉じ気味のワインもあることから、一応、デキャンタ―ジュしました。

f:id:turque1991:20210216222309j:plain

やや濃いめで艶のあるガーネットがかったルビーカラー。カシス、ブラックベリー、プルーン、ダークチェリーの主に黒系果実の芳香、ややロースト香も感じる。加えてドライハーブやオリエンタルスパイスの複雑な香りも。味わいに果実の厚みと伸びやかな酸、アルコール度数は13.5度だがそれ以上にアルコールからの熱さも感じられる。タンニンは粗々しくはないが、しっかり感じられる。時間と共に腐葉土やミルクティっぽい香りも。華やかで複雑だが力強さも持ち合わせた正にシャンボール・ミュジニーっぽいプルミエ・クリュ。

f:id:turque1991:20210218231126p:plain(3.7)

f:id:turque1991:20210216222729j:plain

パルミジャーノ・レッジャーノと鴨のパストラミと。

f:id:turque1991:20210216222649j:plain

f:id:turque1991:20210216222702j:plain

やや濃いめだが、酸・甘み・タンニンのバランスが取れた味わいで、抽出の強さからか、しっかりと果実味の厚さが感じられる1本でした。やはり、J.J.コンフュロンは、好みの造り手であることを再認識したワインでした。

(了)