バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエ シャンボール・ミュニジー 1997年

f:id:turque1991:20190604224507j:plain

シャンボール・ミュジニーの名門ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエの村名1997年ヴィンテージです。シャンボール・ミュジニーの古酒のすばらしさを実感できる1本でした。

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエ (Domaine Comte Georges de Vogüé)は、長い歴史をもつシャンボール・ミュジニー村を代表するドメーヌです。

2015年8月にヴォギエの畑を見に行きました。ミュジニーの畑ですが、流石に手入れの行き届いた、すごく綺麗な印象の畑でした。

f:id:turque1991:20190606225532j:plain

下記は、ボンヌ・マールの畑ですが、赤土っぽい土壌です。一見して、収穫量が抑えられていることが分かります。コルドン仕立てだったと思います。

f:id:turque1991:20190606225553j:plain

ヴォギエを最初に飲んだのは、80年代(確か1986年)のボンヌ・マールです。すごく期待が大きかったのですが、正直あまり印象には残っておらず、どちらかと言えば、期待が大きがった故にネガティブなイメージだったように思います。実際にこの80年代は不調だったようで、90年代以降に本来の調子を取り戻したようです。最近の価格は、この村名でも3万円を超えており、ミュジニーに至っては、10万円を超えるものも目にします。入手し難いワインになってしまいました。昨年、近所の酒屋で1996年、1997年を数本安く購入することができ、今回は、そのうちの1本です。ラベルがカビで汚れていますが、これは、購入後保存していたフォルスターのワインセラー内で付いたものです。コンプレッサー式は、どうしても季節によりますが、加湿気味になる傾向です。

f:id:turque1991:20190604231820j:plain

購入先での保存状態が分からず、不安でしたが、コルクは極めて健全でした。色調は、思いっきりレンガ色が入ったルビーです。黒系のプラム、アメリカンチェリー、グローブ。酸はそれほど強くなく、紅茶、マッシュルーム、腐葉土、枯れ葉といった熟成香が時間とともに顕れます。

f:id:turque1991:20190604232021j:plain

枯れた色に不安がよぎりました(濁っている訳ではありません)が、果実味も十分残っており、タンニンはきれいに溶け込んでおり、シャンボール・ミュジニーらしい柔らかさと、健全な熟成を感じます。

楽天市場でコント・ジョルジュ・ド・ヴォギエ シャンボール・ミュニジー を探す

f:id:turque1991:20190801001753p:plain 4.0

特に1995年ヴィンテージくらいからワインにはまったともこともあり、この時代の古酒は今でも時々飲みますが、やはり造り手によって印象はかなり違います。一般に1997年のブル赤は、1995、1996年と良年が続いた影響もあり、あまり評価されていなかったと記憶しています。しかし、十分に熟成した1997年を飲むと過小評価されているとていると感じています。同じような例は、1991年ヴィンテージでも感じています。

f:id:turque1991:20190604233603j:plain

いつもながら、ブル赤の古酒と焼き鳥の組み合わせは最高です。
鴨つくね+柚子胡椒+ブル赤が絶妙にマッチします。まさに造り手の力量が感じられる素晴らしい古酒でした。

(終)