バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

プリューレ・ロック ヴォーヌ・ロマネ 1er レ・スショ 2005年

f:id:turque1991:20190730214815j:plain

昨年11月、残念ながら亡くなったロマネコンティの共同経営者アンリ・フレデリック・ロック氏が所有するドメーヌ・プリューレ・ロックのヴォーヌロマネ1級畑レ・スショです。ブルゴーニュ赤の当たり年となった2005年ヴィンテージを味わいます。

ドメーヌ・プリューレ・ロックは、アンリ・フレデリック・ロック氏が1988年にヴォーヌ・ロマネに創立したドメーヌです。翌年1989年にはニュイ・サン・ジョルジュにドメーヌを移しています。ロック氏はマダム・ルロワの甥にあたり、1992年からドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)の共同経営者にもなっています。惜しまれながら2018年11月にこの世を去ったロック氏の後を引き継ぎ、2010年から共同経営者として働いていたヤニック・シャン氏がドメーヌを担っています。
f:id:turque1991:20190711001748j:plain

f:id:turque1991:20190711004210j:plain

インポータは、ファインズです

レ・スショは、ヴォーヌ・ロマネ村最大の1級畑で、13.08haあります。プリューレ・ロックが所有しているのは、エシェゾーに隣接する1.02haです。この隣接するエシェゾーの区画は、クロ・サン・ドニという小区画ですが、このプリューレ・ロックが所有するレ・スショと隣接する一部のクロ・サン・ドニの畑をDRCが所有しています。

f:id:turque1991:20190711002724j:plain

濃いめのルビー色。縁にわずかにレンガ色が入ります。ブルーベリー、ラズベリーアメリカンチェリー、グローブ、胡椒、バニラ、皮、腐葉土。アタックは、明確で綺麗な酸を感じますが、中盤は、スパイシー感が広がり、余韻は長めです。

f:id:turque1991:20190711003818j:plain

昨年末から今年にかけて、飲み頃を迎えていると判断している2005年のヴォーヌ・ロマネ村は、ラ・ターシュを筆頭に、Jカシューのエシェゾー、シルヴァン・カティアールやラマシュルのマルコンソール等を飲んできましたが、力強さというでは、このプリューレ・ロックのレ・スショが一番の印象です。15年近く経っているにも関わらず果実味は、まだまだ豊かに感じられますが、同時にタンニンも思っていたよりも残っています。お気に入りのヴォーヌ・ロマネ1級の中でも、色々な造り手が造っているレ・スショは比較的飲む機会がありますが、ヴォ―ヌ・ロマネの持つ華やかさはあるものの、やや強めのスパイシーさを感じるとが、しばしば、あります。レ・スショの畑の特徴なのでしょうか?

f:id:turque1991:20190711013001j:plain

この豊かな果実味とスパイシー感の残るワインには、やはりステーキがピッタリです。

ちなみに、これはイオンのタスマニア牛ですが、最高部位のシャトーブリアンが比較的手頃な価格で味わえます。

果実味が凝縮した素晴らしいワインですが、あと5、6年くらい待つと最高の状態になると想像されます。

f:id:turque1991:20190711021654p:plain 4.0(ポテンシャルは4.5)

このワインは、リリース時に4~5本購入しています。当時リアルワインガイド誌で絶賛(92~95点)されていたのが、きっかけです。やはり数本購入した2002年ビンテージに比べると結構高くなった印象がありました。当時の2005年の価格は14Kくらいですが、最新ヴィンテージは、40K円を超えているようです。残念ながら、アンリ・フレデリック・ロック氏が亡くなったことで、さらに手が届かないワインになってしまうと思われます。

f:id:turque1991:20190711020052j:plain

このDRCのラベルにあるロック氏のサインも2016年ヴィンテージから消えてしまうのでしょうか?

セラーのロック氏のワインももう少なくなっていますが、数年後に、更に華やかさ増した2005年スショをロック氏を偲んで飲みたいと思います。

(終)

楽天市場でプリューレ・ロックを探す