バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ドメーヌ・セラファンの魅力

f:id:turque1991:20190801220027j:plain

お気に入りドメーヌのひとつであるドメーヌ・セラファンのジュヴレ・シャンベルタンVVとシャンボール・ミュジニー1erレ・ミヨンドです。ドメーヌ・セラファンは、ジュヴレ・シャンベルタンで1947年に設立されたドメーヌです。2代目のクリスチャン・セラファンが畑を買い増すとともに名声を確かなものにし、現在は、姪のフレデリック・グレが名声を引き継いで素晴らしいワインを造り出しています。

 数年前に、ここのシャルム・シャンベルタンを飲んでハマったものの、その後の高騰で、しばらく離れていましたが、少し前に、ジュヴレ・ジャンベルタンのレ・コルボーを飲んで再度惹かれることになりました。その後、何本か購入した中で、今回開けたのは、次の2本です。

・ジュブレ・シャンベルタン・VV 2009年
・シャンボール・ミュジニー 1er Cru・レ・ミヨンド 2011年

まず、ジュヴレ・シャンベルタンVV 2009年です。

f:id:turque1991:20190801221715j:plain

濃い目のルビー色、ダークチェリー、ブルーベリー、ラズベリー、甘草、タバコ、少し土っぽい甘いタンニン、酸はあまり高くありません、熟した果実の力強さを感じさせながら、酸とタンニン、甘みが高次元に溶け込んだ液体です。予想を裏切らない美味しさです。

f:id:turque1991:20190801224910p:plain 3.8

f:id:turque1991:20190801221726j:plain

シャトー・ブリアンの柔らかいステーキ/バルサミコソースとの相性は最高です。

f:id:turque1991:20190801222450j:plain

次に、シャンボール・ミュジニー 1er Cru・レ・ミヨンド 2011年です。

f:id:turque1991:20190801222738j:plain

中庸なルビー色。前述のジュヴレ・シャンベルタンVVに比べると、僅かに薄い色です。2年若いヴィンテージでかつ1級畑なので、2009年のジュブレ村名よりも濃い色を想定しましたが、予想は外れました。フランボワーズ、アメリカンチェリー、ハーブ、グラスに注ぐと、僅かな時間で、香りがどんどん開いていくのが分かります。華やかな香りと甘さを感じるワインです。よく考えると、過去に飲んだセラファンのワインは、ほとんどジュヴレ・シャンベルタンで、モレ・サンドニのワインはおそらく初めてだと思います。剛のジュヴレ・ジャンベルタン、柔のモレ・サンドニという印象です。どちらも甲乙付けがたいです。

f:id:turque1991:20190801224933p:plain 3.9

f:id:turque1991:20190801223857j:plain

左がモレ・サンドニ、右がジュヴレ・シャンベルタンです

f:id:turque1991:20190801224010j:plain

コンテ・エクストラ(18ケ月熟成)との相性も抜群でした。

あまり派手さのないドメーヌですが、これまでも外した記憶はありません。代替わりしてもやはり素晴らしいワインだと思います。

(終)

楽天市場でドメーヌ・セラファンのワインを探す