バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

ペゴーのシャトー・ヌフ・デュ・パブ・キュヴェ・レゼルヴ2003年

f:id:turque1991:20201010232308j:plain

ローヌの5つ星生産者ドメーヌ・デュ・ペゴーのシャトー・ヌフ・デュ・パブ・キュヴェ・レゼルヴ。猛暑だった2003年ヴィンテージのローヌのトップ生産者の手によるCNDPは如何に?

ドメーヌ・デュ・ペゴーは、家族経営ながら、シャトー・ヌフ・デュ・パブ(CNDP)に21haの畑を所有しています。ペゴー家のワイン造りは18世紀まで遡るようですが、ネゴシアン時代も長く、現在のドメーヌ・デュ・ペゴーを名乗ったのは意外にも1987年と比較的新しいようです。発酵にフードル(大樽)を使った伝統的な造りを採用しています。

このドメーヌの名声を高めたのが、優良年のみに生産される「シャトーヌフ・デュ・パプ・キュヴェ・ダ・カポ」で、ローヌ好きのロバート・パーカーが何回も100点を付けています。キュヴェ・ダ・カポは5万円を超えており、ちょっと手が出ません。今回のキュヴェ・レゼルヴも1万円前後とそこそこの価格なので、同価格のノーマルのCNDPとしては、ジャナスやボーカステルを、そして低価格のものであれば、最近評価の高いドメーヌ・ド・フェランとかを選んでしまいます。ただ、ペゴーのテーブルワイン「プラン・ベコー」はコスパの高いデイリーワインとして時々飲んでいました。

CNDPは、ローヌ地方の13種の混醸が認められていますが、ペゴーのCNDPは、グルナッシュ主体ながら13種すべての品種をブレンドしているようです。

ドメーヌ・デュ・ペゴー  ャトー・ヌフ・デュ・パブ・キュヴェ・レゼルヴ 2003年
[2003] Domaine du Pegau Chateauneuf du Pape Rouge Cuvee Reservee

f:id:turque1991:20201011002003j:plain

黒みがかったガーネットカラー。レッグはやや長く、粘性はそこそこ強い。
完熟プラム、カシス、ブラックベリーの黒系果実、赤い花、ドライハーブ、バニラ、なめし皮、肉、ヨード香、リコリス、黒胡椒、湿った大地とスーボワの香り。甘みのアタック、酸は柔らかく、タンニンは完全に溶け込んでいてシルキー、余韻も長い。

f:id:turque1991:20201011010635p:plain(3.8)

f:id:turque1991:20201011003021j:plain

▼やっぱり、濃厚なローヌには、肉(鴨のパストラミと牛肉)で。

f:id:turque1991:20201011004455j:plain

▼左上:アメリカの熟成チェダー、右上:ボーフォール、左下:フルムダンベール、右下:オッソーイラティ
どれも、相性はOKですが、このワインは、やはりブルーチーズがベストマッチのようです。

f:id:turque1991:20201011003503j:plain

2003年のCNDPは、多分初めてだったと思いますが、猛暑の2003年のローヌということで、焼けるような濃厚な甘味を予想していました。確かに甘みは強めなものの、思ったほどジャミーではなく、豊かな果実味にフローラルな香り、ブレンドの妙からくる複雑性も感じられるCNDPでした。

(了)