バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ 1995年

f:id:turque1991:20210322220741j:plain

メドック格付け2級、「サン・ジュリアンの王」と称されるレオヴィル・ラス・カーズの1995年です。焼肉屋に持ち込みでオールド・ヴィンテージを愉しみました。

35年ほど前にワインを好きになったきっかけがボルドーワインでしたが、5大シャトーにはとても手が出なかった時代に、なんとか手の届く中での憧れであったのが、このシャトー・レオヴィル・ラス・カーズです。70年台や80年台を飲んで、やはり他のボルドーとは一線を画している印象が脳裏に残っています。今では信じられませんが、当時は、1万円を優に切るワインでした。

▼2017年にボルドーを訪れましたが、やはり、ラベルデザインにもなっている、この門構えとみると感動します。残念ながら、一般人のシャトの見学は受け入れてくれないようです。ポイヤックのラトゥールと畑と隣接しており、土壌的な面と気温的な面でジロンド川の恩恵を受けています。

f:id:turque1991:20210322224250j:plain

久しぶりのレオヴィル・ラス・カーズになります。ヴィンテージは、1995年で、購入時期は覚えていませんが、20年近くセラーに入っていたと思います。インポータは、当時は良く購入していた「やまや」です。

今回は、六本木の焼き肉店「キンタン」に持ち込みました。

▼まず、ユッケをオーダー。ドリンクは、ウェルカム・ドリンクのシャンパンです。

f:id:turque1991:20210322224344j:plain

ガーリックと牛の脂がテタンジュのシャンパン(スタンダード・キュヴェ)のやや甘味を伴う酸味とよく合います。

f:id:turque1991:20210322224502j:plain

シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ、サン・ジュリアン 1995年
[1995] Chateau Leoville Las Case, Saint-Julien

CS67%、Mサン・ジュリアンの王」と称されるレオヴィル・ラス・カーズの1995年です。焼肉屋に持ち込みでオールド・ヴィンテージを愉しみました。

35年ほど前にワインを好きになったきっかけがボルドーワインでしたが、5大シャトーにとても手が出なかった時代に、なんとか手の届く中での憧れであったのが、このシャトー・レオヴィル・ラス・カーズです。70年台や80年台を飲んで、やはり他のボルドーとは一線を画している印象が脳裏に残っています。

▼2017年にボルドーを訪れましたが、やはり、思いのあるワインのラベルデザインになっている、この門構えとみると感動します。残念ながら、一般人のシャトの見学は受け入れてくれないようです。ちなみに、このシャトーに隣接して、ポイヤックシャトー・ラトゥールの畑があります。

f:id:turque1991:20210322224250j:plain

久しぶりのレオヴィル・ラス・カーズになります。ヴィンテージは、1995年で、購入時期は覚えていませんが、20年近くセラーに入っていたと思います。インポータは、当時は良く購入していた「やまや」です。

今回は、六本木の焼き肉店「キンタン」に持ち込みました。

▼まず、ユッケをオーダー。ドリンクは、ウェルカム・ドリンクのテタンジュのシャンパンです。

やや甘味を伴う酸味がガーリックと牛の脂を洗い流してくれます。

f:id:turque1991:20210322224344j:plain

シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ、サン・ジュリアン 1995年
[1995] Chateau Leoville Las Case, Saint-Julien

この年は、CS67%、MR26%、CF7%のセパージュ。pp95pt。

f:id:turque1991:20210322224746j:plain

レンガ色の混ざる美しいガーネットカラー。完熟したプルーンやイチジク、ロースト香、ドライハーブ、シナモン、ナツメグ、グローブ、五香紛、コーヒー、スーボア、枯葉、様々な要素が湧き上がってくる。酸は未だ生き生きしており、タンニンは滑らかに溶け込んでいる。尖った要素が何もなく、まさに球体にまとまっている印象。素晴らしく心地よいアフター。

f:id:turque1991:20210329211758p:plain(4.5)

f:id:turque1991:20210322230335j:plain

f:id:turque1991:20210322231235j:plain

▼肉の種類は忘れましたが、やはり和牛(この店は殆ど仙台牛のようです)が素晴らしい。

f:id:turque1991:20210322231253j:plain

f:id:turque1991:20210322231304j:plain

改めて、焼肉とボルドー、最高の組み合わせであることを実感しました。
1995年のボルドーですが、思い起こすとこのヴィンテージから急激に価格が上がった記憶があります。当時は評価が非常に高かったのですが、更に評価が高かった翌年の1996年ヴィンテージに埋もれてしまっているように感じます。このヴィンテージを何本か飲んでいますが、右岸は、かなりタニックな印象です。少し前に飲んだサンテミリオンのラ・ドミニクの1995年も未だにタンニンが支配的なワインでした。それに比べると、1995年の右岸は、このワインを含め、それほど強烈にタニックな印象は受けません。いずれにせよ、「サンジュリアンは二十歳(はたち)から」というフレーズを以前聞いたことがありますが、20年や30年の時を経て真価を発揮するワインだということを実感できた1本でした。

(了)