バッカスのささやき

ワインとチーズをこよなく愛するシニアのブログです。素晴らしいお酒との出会いと趣味のブルーベリー栽培を中心に日常を綴ります。

アンヌ・グロ クロ・ヴ―ジョ グラン・クリュ ル・グラン・モーペルテュイ 2002年 at 伊東

f:id:turque1991:20210521185319j:plain

アンヌ・グロのクロ・ヴージョ・グラン・クリュ・ル・グラン・モーペルテュイ、今が最高の飲み頃と思われる 2002年ヴィンテージです。何回か訪れている伊東のリゾートホテルの炭火会席料理と愉しみました。

▼伊東にある東急ハーヴェストクラブ伊東の炭火懐石レストラン「竹のうち」です。 

f:id:turque1991:20210521185457j:plain

今回こちら持ち込んだのは、ヴォーヌ・ロマネのグロ・ファミリーのひとり、アンヌ・グロのクロ・ヴージョ・グラン・クリュ・ル・グラン・モーペルテュイ、ヴィンテージは、熟成のピークを迎えている(と思われる)2002年です。

アンヌ・グロのクロ・ヴージョは、この1年半で、1998年、2005年(→こちら)と2009年(→こちら) の3ヴィンテージを飲みました。特に1998年は非常に印象的だったこともあり、オールドヴィンテージを探していたところ、半年ほどまえに幸運にも平行入手ものを比較的安く入手できました。

f:id:turque1991:20210521185519j:plain

▼約50haを80近くの所有者で分け合うクロ・ヴージョの畑です。玉石混交のグラン・クリュといわれますが、アンヌ・グロが所有するのは、ル・グラン・モーペルテュイと呼ばれる上部の評価の高い区画です。ちなみに道路を挟んで西隣はグラン・エシェゾーになります。

f:id:turque1991:20210521213850j:plain

以下、インプレッションです。

うっとりするような艶のあるルビーレッド。縁にはオレンジ色が混ざる。デキャンタをお願いしていたこともあり、最初から華やかな香りが全開。粘性はやや高く、グラスには長いレッグ(下の写真)が見られる。ラズベリーアメリカンチェリー赤黒系果実や薔薇や牡丹の赤い花の華やかなアロマに、黒胡椒やドライハーブ、シナモン、リコリス、さらに熟成からの紅茶やキノコの香りが混ざり、綺麗に熟成したブルごニューが醸し出せる素晴らしい香り。アタックに感じる酸は柔らかく、タンニンはシルキー。綺麗な酸は、中盤からアフターまで伸びやかに続き、華やかな香水のような香りと共に長い余韻を残す。

f:id:turque1991:20210521224829p:plain(4.3)

f:id:turque1991:20210521185605j:plain

f:id:turque1991:20210521223449j:plain

この炭火懐石レストランのメニューは一種類で、先付けに、お造り、椀物があって、炭火魚料理、炭火肉料理と続きますが、魚料理と肉料理は、魚の種類とに肉の種類が選べます(食材によっては追加料金あり)。

▼この日の先付けです。鯵フライ、柴漬けタルタルソース、粟麩田楽、ズッキーニのお浸し、レンズ豆と潮鰹のサラダ仕立て、新玉葱のブルーテ

f:id:turque1991:20210521185632j:plain

▼お造り(伊豆半島沖のさかな達)

f:id:turque1991:20210521185542j:plain

▼海老芋饅頭 美味出汁飴

f:id:turque1991:20210521185703j:plain

▼魚料理は、めかじきのソテー。バターとクリーミーなソースが、このブル赤の柔らかい酸と樽香によく合います。

f:id:turque1991:20210521185717j:plain

▼肉料理は、炭火サーロインステーキ。シークワーサー胡椒、かんづり、山葵と。濃いソースとこの熟成ブルゴーニュは難しいと思いますが、炭火焼きの香ばし素のサーロインステーキと絶妙な相性です。薬味としては、シークワ―サ胡椒が面白いです。

f:id:turque1991:20210521185729j:plain

▼デザートは、地元名産のニューサマーオレンジのクレープジュゼット。

f:id:turque1991:20210521185740j:plain

今回も素晴らしい炭火会席と愉しむことができました。アンヌ・グロのグランクリュですが、若いうちは、やや硬く感じますが、15年~20年で本領を発揮するように思います。1998年のクロ・ヴージョも素晴らしかったですが、この2002年も、最高のワインでした。クロ・ヴージョらしい骨格感よりも、ヴォーヌ・ロマネのグラン・クリュ的な華やかさを感じられるグラン・クリュでした。

(了)